【STAR GATE 2018】11月10日(土)陰陽師の里・佐用町江川で開催する星のお祭り3部作

平安時代の陰陽師、安倍晴明と芦屋道満の塚があることから「陰陽師の里」とも呼ばれる佐用町江川地域。その旧江川小学校にて、星にちなんだフェスティバル【STAR GATE 2018】が開催されます! マルシェにビストロ、キャンピングと盛りだくさんの内容で、朝から翌日まで行われる今回が初の試み。その全貌がいま明らかに!

【昼祭】40以上のショップが並ぶ「江川フェスティバル」

朝10:00から幕が開くのは「飲食/クラフト・雑貨/リラクゼーション/音楽/密教占星術」5つのテーマが楽しめるマーケット。佐用やたつの、西粟倉など近隣のお店はもちろん大阪、和歌山、遠くは愛媛から(!)も美味しい食べ物やかわいいクラフトがやってきます。リラクゼーションのブースだけでもタイ古式に整体、小顔矯正からまくのうちセラピーまで、体がいくつも欲しくなりそうな充実度。さらにドローン体験や3Dプリンターを使った工作と、子どもから大人まで学べるワークショップも。入場無料で、家族のおでかけにもピッタリです。

【夜祭】満天の星の下、フランス料理が味わえる星空ビストロ「é cawa(エ カーワ)」

夕方16:00からはビストロ屋台、その名も「é cawa(エ カーワ)」を開催。豊かな自然が育んだ佐用産の野菜や和牛、冬を前にもっとも脂がのったジビエなど旬な食材を、大阪からフレンチのシェフふたりを招いて提供します。また、ビストロに欠かせないパンは佐用町江川地区出身のパン屋さん“ル・プルースト”から焼きたてのバゲットやバタールが届くのだそう。
チケットは現在クラウドファンディングサイトCAMPFIRE(https://camp-fire.jp/projects/view/101699)にて発売中。ワインや日本酒を飲みながら、大人の“おいしい”時間を味わって。

【新月祭】星のお話会とキャンピング「新月deキャンプ」

月の光りがなく、空気が澄んでいて夜が長く、晴天率も高い。星空観察に最適な新月の夜20:00からは、兵庫県立大学 西はりま天文台より天文学者の鳴沢真也さんをお呼びして、星や宇宙のお話会が開かれます。地球外生命体の研究にも造詣が深いという鳴沢さんに、直接宇宙のことを質問をできるのは、この特別な日ならでは。
その後は、満天の星空を眺めながら広い校庭にキャンプイン。レンタルテントセットも2000円と破格の値段なので手ブラでも、もちろんマイテントを持参でもOK。恋人同士、家族、友達と一緒にロマンチックな時間を過ごしませんか?


▼STAR GATE 2018

日にち:11月10日(土)
時間:10:00~22:00
場所:JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校(旧江川小学校)
https://stargate-ekawa.jimdofree.com/

▼江川フェスティバル

時間:10:00~16:00
入場無料
出店者の紹介はコチラ

▼星空ビストロ「é cawa(エ カーワ)」

第1部 16:00~17:30
第2部 17:30~19:00
第3部 19:00~20:00
前売り¥4,000/当日¥5,000(入場時別途1ドリンク¥500)[料理8品分]
中学生以下入場のみ無料(注文ごと清算)

▼新月deキャンプ

お話会 20:00~22:00
キャンプ 22:00~翌11:00
入場無料
レンタル品(テント×1・シュラフ×2)¥2,000 *要予約

▼お問い合わせ

陰陽師の里 江川フェスティバル実行委員会
stargate.ekawa@gmail.com